ダビング10の内容を見てみよう

ダビング10の内容を見てみよう

ダビング10の内容を見てみよう

地上デジタルテレビジョン放送が開始するにあたって、その録画形態には多種多様な問題があったのである。
デジタルデータは短時間での多量複製が可能で、犯罪に活用されやすいからである。
その為、総務省は当初、コピーワンスと云う一次コピーのみ可能でダビングは不可と云う規制を各メーカーに通達したが、これにはメーカー、視聴者共に大憤慨で、あっと云う間に却下された。

 

現実、録画にミスする可能性もあるにもかかわらず、1回のみの録画と云うのはあまりに視聴者に厳しいものであって、当然の反応と云える。
その結果、代替案として提出されたのが、ダビング10と云う規則である。

 

このダビング10とは、デジタルチューナー搭載のHDDレコーダー等と云ったハードディスク搭載の録画機器を対象にしたルールで、その機器に拠って地上デジタルテレビジョン放送した後、DVD等の媒体に対し、9回のコピープラス1回のムーブが可能と云うルールである。
このムーブと云うのは、別のメディアにその内容を書き込んだ際に、元のメディアからデータが消去される仕事の事を指する。

 

パソコン上の仕事で云えば、コピーはそのままコピー、ムーブは切り取りの事を指する。
10回目のコピーは自動的にムーブとなり、元のメディアから消失する仕組みに為ってる。
よって、10回目のコピーと同時に元データは消失してなくなる。
であるから、必然的に10回のコピーしか実行できない。
これが、ダビング10と云う名前もしくは名称の由来である。

 

世俗に有益な話柄

トップへ戻る