男性と女性の便秘

性別で観ると男性と女性、圧倒的に女性の方が便秘症の人がおおくいる。
また年齢で観ると便秘は加齢に拠っても増大するので高齢者におおくみられる。
これらの事には全て科学的根拠が実在する。
女性に便秘が少なくないのは、女性の体の構造にその原因があるそうである。
また社会的立場や生活習慣等も関係していると云われている。

 

便を排泄するには、腹筋の力が必要となる。
その点に於いて男性の方が女性よりも優れているので腹筋があまりない女性の方に便秘が少なくないようである。
逆にいうと腹筋を毎日ある程度たびたび行っていれば便秘は予防出きると云う事に成る。

 

便を排泄すると云う行為に対しての恥ずかしさは女性の方がある。
よって外出先等ではガマンしてしまうケースの場合もある。
その為排便のリズムがおかしくなって、それをつづけていると便が滞留してもあまり便意を感じなくなって便秘に成る事がある。

 

ダイエット等による食事規制も便秘の原因の1つである。
男性よりも女性の方がダイエットをしている人が少なくないのである。
ダイエットをして食事を食べなかったり量を減らしたりしていると、腸の運動機能が低下していき便秘に成る。

 

女性ホルモンにかんしても便秘に大幅に関係している事が理解できている。
女性には男性にはない黄体ホルモンがある。
これが体の中に水分を貯めようと活動する。
その為に便を排泄するのに必要となる水分が必要なだけ腸の方へ送り出されなくなるので便秘をおこしやすい状況に成る。
この女性ホルモンは生理のときや妊娠中におおく分泌される。
であるからこの時期は便秘になりやすいのである。

トップへ戻る