<花粉症の食事治療>ポリフェノール

<花粉症の食事治療>ポリフェノール

<花粉症の食事治療>ポリフェノール

花粉症の症状を緩和(かんわ)する成分として今「ポリフェノール」が注目されている。
調査によるとトマトから抽出される成分の中に、花粉症の症状であるくしゃみや鼻水等を緩和(かんわ)出きる成分が含有されている事が理解できたそうである。
これはトマトの皮の部分に含有されている為、トマト独自にあるポリフェノール成分の「ナリンゲニンカルコン」が含有されているためだそうである。
この「ナリンゲニンカルコン」はトマトの赤さを出している色素成分である。
この成分にヒスタミンの制御効果がある事が理解できた。

 

しかしながら我々がスーパー等で買い付ける一般的な生食で口にするトマトには「ナリンゲニンカルコン」は殆ど入ってない。
生食用よりも加工用や調理用として販売されているトマトの方におおく含有されているそうである。
ケチャップと、トマトジュースのケースの場合は加工時に果皮を除去してしまうのでこれらの製品には殆ど入ってない。
その為トマトジュースを飲みつづけてもそれは花粉症の症状を緩和(かんわ)出きる食事治療効果は得られないのである。

 

加工用のトマトを生でそのまま口にしてもあまり効果が実証出きていないそうである。
であるから加工用や調理用のトマトを買い付けてきて、上手く料理に使用して食生活の中で自然に取るようにしていけば、花粉症の症状緩和(かんわ)に効果がみられるかも知れない。

 

同じく「ポリフェノール」を包括するものとして、近年花粉症に効果があるとされる「甜茶」がある。
「甜茶」を飲んだり飴で口にしたりすると花粉症の症状に効果があるとされるのはこの「ポリフェノール」が含有されているからである。

 

またシソにも「ポリフェノール」が含有されている。
シソのポリフェノールは「ロズマリン酸」と云うもので炎症制御効果があるそうである。
お刺身を口にする時にそのまま口にするよりもシソと一緒に口にする等、シソも上手く摂取可能に試行錯誤して食事治療に活用したいものである。

トップへ戻る