コンタクトレンズと点状表層角膜炎

コンタクトレンズと点状表層角膜炎

コンタクトレンズと点状表層角膜炎

コンタクトレンズが原因となる眼疾患についてちょっと挙げて解説しておく。
「点状表層角膜炎」という疾患は、名前・名称の通り角膜に点状の傷がついてしまう疾患である。
コンタクトレンズの装用により、多少の傷は毎回つくのであるが、寝る前に外すなどすると次の日には治る。
しかし、長時間装用し続けたり汚れたレンズを装用することで角膜に酸素が行き渡らなくなり、傷がついてしまうのである。
このときの自覚症状は、痛み、充血、涙、まぶしさ、などである。何時もと比較しておかしいと思う症状が出ると、この疾患を疑っても良いだろう。

 

治療としては、コンタクトレンズの装用を中止したうえで、点眼薬などを投与する。
やや治りやすいので、一晩か数日のうちには症状は修正される。しかし念のため、コンタクトレンズは1週間くらいはしないほうが良い。
もしコンタクトレンズの汚れが問題なのであれば、より洗浄力の力強いケアの方法に変えることを眼科医と相談するとよいと思う。
酸素透過性のレンズで、つけ置き洗浄だったのであれば、ちょっと研磨剤の入った力強い洗浄液でこすり洗いをする、などの方法が有る。

 

汚れが強力についてしまっているレンズであれば、交換も考えれるがまず最初は研磨がおススメである。
勿論(もちろん)誰にでもできるわけでもなく、私の眼科ではコンタクトレンズの会社から専門の方が出張して来て下さっていた。
いわゆるエキスパートなので、洗浄の指導なども聞けるし、専用の液などでガンコな汚れも落としてもらえる。

 

やっぱり眼科医と相談、と言う事だ。

トップへ戻る