≪予防医学と健康≫糖尿病の運動について

≪予防医学と健康≫糖尿病の運動について

≪予防医学と健康≫糖尿病の運動について

糖尿病の予防、治療には食事と運動に気を付けなければならないことは、よく知られていることと思う。
運動をすることで、余分なブドウ糖を消費することができ、血糖値を下げやすくなるのである。

 

運動をする上で何種類か気を付けたいことが有る。
まず、食後30分から1時間後に運動をすると効果的であること。
これは、血糖値が食後の30分から1時間後に最も高くなるため、この間に運動をすればインスリンの活動を補助し、血糖値コントロールがしやすくなるのである。
毎食後、30分レベルのウォーキングや体操などを実践すると良い。
勿論(もちろん)、予防医学の観点からも、これらの運動は毎日継続して習慣または慣例づけないと意味がない。
毎日の運動は、身体の中に増加しすぎた内臓脂肪を減少させるのにも効果的である。
内臓脂肪が多すぎる人は糖尿病を発症しやすいという調査結果も出ているそうである。
次に気を付けたいのは、運動によって血糖値が下がりすぎるのを防ぐことである。
インスリン注射などを活用している人は、運動によって低血糖を生じやすいので、あめやチョコレートを持ってウォーキングに出るとよいと思う。
また、脳梗塞などの後遺症で身体に麻痺がある人は、杖や装具を用いて安全に運動をして欲しい。
リハビリを実践するのも、食後30分から1時間後にすると効果的である。

 

「病気になってしまったら、あとはドクターにお任せ」ではなく、重症化を防いだり再発抑止のために間違っていない食事や運動を実践することは、自分の身体を守るために自分でできる予防医学の1つである。

トップへ戻る