足つぼ・ツボ刺激法の歴史について

足つぼ・ツボ刺激法の歴史について

足つぼ・ツボ刺激法の歴史について

現在、足ツボ療法が大人気急上昇であるが、実はこのツボ療法は非常に長い歴史を持つ。針灸の起源は、古代中国に有る。現在からおよそ2000年以上昔、人間の身体の特定の位置を温めたり、あるいは石などで刺激したりすると、治療効果があることを当時の人はとっくに知っていたのである。

 

どの位置に刺激を与えると、どんな病気に効果があるのか、医学者たちは蓄積した経験を積み上げていきた。そしてこれらの成果を一冊の本にまとめたのである。それが現在残る、最古の医書『黄帝内経』である。この書には、人体の生理や病理、養生法が記され、それに針灸治療の基本中の基本となるツボ(経穴)や、ツボを連結した経絡、および治療に関連した理論などが解説されている。

 

中国のこうした理論が日本に伝承されたのは、414年と言われる。しかしその後、針灸が一般に拡大するまでにはまだまだ時間がかかってしまった。一般の人達が針灸の恩恵を受けられるようになったのは、室町時代に入ってからと言われる。そして江戸時代には、日本独特の針灸治療が誕生した。

 

しかし江戸時代に発展をあげた針灸治療は、明治維新以後は、西洋医学の導入のなかで衰退していった。再び注目されたのは、1972年、アメリカのニクソン大統領が訪中したときである。大統領が中国で針麻酔を受ける様子がテレビ放送されたのをきっかけに見直されたのである。

 

近頃は、レーザー針を針治療に応用されるように成った。30秒〜2分間ほどツボにレーザーを照射するのである。

トップへ戻る